任意売却について|優良不動産物件を見分けるための有力な情報|事前の情報収集
積み木

優良不動産物件を見分けるための有力な情報|事前の情報収集

任意売却について

女性

任意売却とは住宅ローンなどが支払えずに住宅を売却しそこで得た利益を住宅ローンの返済などに充てるというものです。住宅ローンだけでなく固定資産税などの税金の支払いが滞った場合も住宅に抵当権が設定されることがあり、こうした抵当権を解除する代わりに住宅の任意売却が行われるというものです。 ですから任意売却は滞納がない場合には利用することはできません。たとえば住宅の資産価値が500万円しかないにもかかわらず1000万円のローンが残っている、この返済をするのが嫌だなどという場合には利用することはできません。 任意売却の決定は住宅の持ち主だけで決められることではありません。銀行など債権者の同意があって初めて進めることができるのです。ですから誰でも行えるということではないのです。

任意売却にもデメリットがあります。ローンを滞納しているすべての人が任意売却できるというわけではないのです。任意売却をしても銀行側からするとローンの残債がすべて返済されるわけではありません。ですから同意しない金融機関もあるのです。更に話し合いが進められても必ずしも合意に至るわけではありません。金額などに折り合いがつかなければ任意売却は行えないのです。 更に債務者は代理で行ってくれる専門機関を見つけたり金融機関と話し合う、売却相手が内覧に音連れた際には対応しなければならないなどの手間がかかります。競売であればこうした手間を省くことができます。とはいえ競売よりも任意売却のほうが数百万円単位で高値が付くケースも多くその後の生活を考えた際にはより有効な手段といえるのです。